建築業界の裏

藤井です。

最初にお詫びします。

「申し訳ございませんでした。」

僕はこのブログを通じて
マイホーム建築を楽しく
安全に建ていく内容を発信
してきました。

でも、

間取り図など、視覚的に分かる
ものが無かったり、

無意識に専門用語を使ったりして

意味が解らないことが多かった
のではないか・・・

マイホーム購入希望者さんを余計に
不安にさせてしまっているのでは
ないか・・・

と反省をしています。

そして今、
かなりのショックを受けています。

それは、東京、杉並区の
一級建築事務所の所長さんが
作成した問題集を見てしまったからです。

それは

『家づくり問題集』

というものです。

設計事務所さんの作成したものは
技術的なことが多く、細かすぎて
よく解らないものが多いのが現状ですが、
この問題集は、小学2年生でも分かる
くらい簡潔です。

●値引きをしてもらう方法は?

42ページに書いてあるこの方法は究極的とも
言える心理操作だと思います。
簡単なあることをするだけなのでほぼ自動的に値引きを
してもらい、その浮いたお金で新しい家具やTVが購入
できてしまうと思います。


●交渉したいときはどう切り出すべき?

46ページのこのフレーズは効きますね。
たった一言でこんなにも効果的だったとは信じられません。

どの車屋でも家電でも通用するフレーズだと思います。
僕も次の車を買い換えるときはこのフレーズを絶対に
使おうと思います。


●競合していることは伝えるべき? それとも隠すべき?

50ページに書かれています。
営業マンのやる気に火をつけて100%の力を発揮させる
には・・・


●担当者のミスが発生しました、あなたならどうしますか?

66ぺージに書かれているクレーム対応の
必殺技ですが恐ろしくてとても直視できませんでした。
これは販売中止にしてもらったほうがいいと思いました。


建築関係者しか知らないような事を
惜しみなく公開しています。

著者の中村氏は、なぜ、建築業界の裏を
全て公開してしまうのか?

自分の仕事がやりにくくなっても構わない
のか?

不思議で仕方ありません。

monn.JPG