太陽光発電補助について

今回は太陽光発電補助についてつまらない話をします(笑)


太陽光発電導入量の飛躍的な拡大のために、国は一般住宅への太陽光発電システム設置を支援いたします。
平成21年度「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」は、経済産業省が定めた
住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金交付要綱に基づく補助事業者として、
一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が募集を行うものです。

募集期間
2009年4月1日(水)〜2010年1月29日(金)


補助金額
太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり7万円
例えば、公称最大出力が3.5kwのシステムの場合、7万円/kW×3.5kW=24.5万円となります。


対象者
自ら居住する住宅に対象システムを新たに設置する個人で、電灯契約をしている方。
※既に設置されている方、設置工事を開始している方は対象外となります。



対象システム
以下の要件を満たすことが条件となります。
(1) 太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること
(太陽電池の種別毎に基準値を設定)。
(2) 一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること。
(3) 最大出力が10kW未満で、且つシステム価格が70万円(税抜)/kW以下であること。
(特殊工事費用については別途規定あり)


よくあるイライラさせる質問と腹立たしい回答


質問: ハウスメーカーや設置業者などのキャンペーン価格として、1kW当たり5万円で設置した太陽光発電システムは補助の対象になりますか?
回答: 高額な太陽光発電システムの負担軽減のための補助ですので、補助対象経費が補助金額(1kW当たり7万円)に満たないものは、補助対象外です。


質問: 昇圧ユニットは対象になりますか?
回答: 詳しくは、メーカーまたは、販売窓口にお問い合わせ下さい。



質問: 住宅ローンを使って太陽光発電システムを含む住居を新築します。ローン減税も受けるつもりなのですが、補助を受けるにはどのような条件がありますか?
回答: 住宅ローン減税は、国の住宅取得に対する税制優遇措置です。太陽光発電システム設置に係る今回の補助制度も国からの助成ですので、重複して受益することはできません。それを避けるために今回の住宅購入に際し、ローン減税の適用を受ける住宅ローン利用分を除いた金額が、対象システムの設置費用を超えている必要があります。


藤井からのアドバイス!!

太陽光発電は通常、屋根の上に設置されます。
人間に例えると、大切な頭の部分になります。。
藤井的には、この設置オススメしません。

設備は後々の修理代など、メンテナンス費用が結構かかる可能性があるからです。


屋根は雨、風をしのぐ大切な部分です。
屋根の上は瓦だけで。。。



<<<★☆★☆今週のマイホーム建築の秘訣!☆★☆★>>>


マイホームを建てた後、家族の安全、家族の安らぎを保つためにお願いした建築会社、工務店、職人さん等、と
より良い関係を作って気の利いたアフターメンテナンスをしてもらいましょう。




●● 次週の予告 ●●


次週の予定は、「あなたに合った建築依頼先」です。
あなたマイホームをどこに依頼しようかと迷うと思います。

私の経験上、これら3つのどこかで決定しています。

・建築メーカー
・地元工務店
・設計事務所

これらの特徴、メリット、デメリットなどをメッタ斬りにしていこうと
思っています(笑)

では、来週をおたのしみに!!